優れたユーザビリティを実現する25の基本概念

8
months
09
配信元サイト
ITL

最近ビジネスに於けるユーザーインターフェース(UI)や、ユーザーエクスペリエンス(UX)の重要性が頻繁に語られる事が多い。Webサイトや Mobileアプリから始まり、自動販売機、券売機、車のダッシュボート、テレビ、トイレ、エレベーターのボタン配置に至るまで、”ユーザビリティー”と 表現される、”使い易さ”の大切さが注目を浴びている。そして、その使い易さを生み出す最初の入り口がインターフェイスである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • いいね!
  • google+
  • evernote

COMMENT

ユーザビリティ、GUI設計。

これまでも重要でしたが、スマホのメジャー化により重要度がまた上がってきたのではないでしょうか。

これまで制作してきたWEB屋さんのノウハウは通用しなくなるかもですね。

考え方が変わってきている気がする。
チラシ→ツールな感じ。

 

以下の項目について解説されています。

  • 1. ユーザビリティとは..
  • 2. もっとも重要なのは分かりやすさ
  • 3. 最終目標は“ユーザーゴール + ビジネスゴールの達成”
  • 4. User Interface = Business + Engineering + Design
  • 5. 究極のユーザーインターフェースはその存在を感じさせない
  • 6. インターフェースは使ってもらう事にこそ価値がある
  • 7. 見た目のデザインはその機能に基づく
  • 8. 同じ動きをするものは、統一したデザイン概念を適用する
  • 9. ユーザーの集中力を乱さない
  • 10.全てを常にユーザーのコントロール下に
  • 11.最も重要な達成目標は、1スクリーンにつき1つだけ
  • 12.副次的な目標は、あくまで副次的な存在に
  • 13. ナチュラルに次のアクションに導く
  • 14. ビジュアルヒエラルキーで見えないルールを造り出す
  • 15. 色はあくまで二次的要素
  • 16.選択肢は少ないほうが良い
  • 17.ヘルプ機能は極力無くす
  • 18.第一印象が一番重要
  • 19. ユーザーに考えさせない
  • 20. ユーザーの時間節約に注力する
  • 21. ブラウザーの戻るボタンは頻繁に利用される
  • 22. 使い方を理解してもらえるまでが勝負
  • 23. 検索ボックスはやっぱり重要
  • 24. エラーメッセージは読んでくれない
  • 25. こまったらいつでも実家に戻っておいで