検索順位の上位を独占するために私が行っている36の手順

8
months
06
配信元サイト
バズ部

あなたは今、SEO対策で結果が出ないどころかペナルティを受けて検索エンジンからの集客数が大きく落ち込んでしまったりしていないだろうか? 又は、何をやっても検索順位が戻らずに絶望的になっていないだろうか? その理由は非常に簡単で、あなたが今までGoogleに嫌われるSEO対策に終始していたからだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • いいね!
  • google+
  • evernote

COMMENT

お金を掛けず、SEOを理解した方の検索順位を上げる方法を紹介されています。
実際に行われている事なので非常に参考になると思います。

他所でさんざん言われていますが
今のSEOは「充実したコンテンツ」「質の高い被リンク」が絶対的な条件です。

また、たとえ「充実したコンテンツ」の条件を満たしていても
適切なマークアップや、キーワードの不十分(画像で済ましてしまっているとか)であると効果が低くなります。

それを踏まえた上でレクチャーされています。

1.王道のSEO対策とは?

  • 1-1.今までのSEO対策
  • 1-2.これからのSEO対策
  • 1-3.Googleの意図とは?
  • 1-4.王道のSEOとは良質なコンテンツをユーザーに提供すること

2.キーワードリサーチで需要を知ろう

  • 2-1.関連性のあるキーワードを全て抽出する
  • 2-2.それぞれのキーワードで書かれた記事を調べる
  • 2-3.おたからキーワードを選定する
  • 2-4.それなりキーワードを選定する
  • 2-5.だめだめキーワードを選定する
  • 2-6.SEO難易度と競合サイトの平均PRを調べる
  • 2-7.SEOキーワードの対策スケジュールを決定する

3.コンテンツ案作成

  • 3-1.検索ユーザーが本当に求めている情報を知る
  • 3-2.コンテンツタイプを決める
  • 3-3.仮のタイトルをつける
  • 3-4.既存のコンテンツを上回る方法を考える
  • 3-5.知識が足りなければその分野に関して猛勉強する
  • 3-6.記事のアウトラインを作る

4.執筆

  • 4-1.記事の書き方のタイプを決める
  • 4-2.「読まれる記事のテンプレート」に沿って執筆する
  • 4-3.箇条書きを入れて記事を読みやすくする
  • 4-4.画像を入れて読みやすくする
  • 4-5.専門用語を簡単な言葉に言い換える
  • 4-6.朗読して誤字脱字をチェックする
  • 4-7.記事タイトルの本決めをする

5.SEOコピーライティング

  • 5-1.記事タイトルにSEOキーワードを入れる
  • 5-2.見出しタグ(H2,3,4)を適切に使う
  • 5-3.見出しタグの中にキーワードを入れる
  • 5-4.文中でのキーワード使用率を確認する
  • 5-5.メタディスクリプションを設定する
  • 5-6.メタキーワードを設定する
  • 5-7.静的な記事URLを設定する

6.ソーシャルメディア

  • 6-1.Facebookページでファンに更新情報を伝える
  • 6-2.Twitterでフォロワーに更新情報を伝える
  • 6-3.Google+でサークルメンバーに更新情報を伝える
  • 6-4.RSSで更新情報を配信する
  • 6-5.メールマガジンの読者に更新情報を伝える