ウェブサービスチームからただよう死臭を嗅ぎ取る方法

5
months
01
配信元サイト
http://anond.hatelabo.jp/20130325165709

わたしは「穴を掘って埋める仕事」を徹底して排除するよう日々コストをかけている。事前に察知できれば全力で回避に努める。だが、無限ループに陥ることもある。ループから抜けるには信用を失うなど相応の代償を支払うことになるけれど、早めの方が双方の傷は浅い。その見分け方を後述する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • いいね!
  • google+
  • evernote

COMMENT

  • 工期がきまっていない
  • 企画書の完成日がきまっていない
  • 競合調査より先に自分達だけで企画を考える
  • ターゲット層の調査より先に自分達だけで企画を考える
  • 議事録を取らない
  • 議事録を取り始めても訂正や意見がない
  • 企画書の雛形を作ってもあいまいな表現でだめ出しだけする
  • 思いつくままに会議を進める
  • 業務進行の定石を無視して効率の悪い方法を採用する
  • リーダーがウェブに疎い
  • メンバーに技術者がいない(外注)
  • キラーコンテンツの準備より先に課金方法を取り上げる
  • ブレスト中にダメ出しする(ブレスト中は発想が縮むためダメ出し禁止)
  • ことあるごとにその分野に疎いことをほのめかす
  • 「素人」だから出来ると豪語する
  • 「素人(ラガード)」をターゲット層にする
  • 「素人である」の指摘に対し口論で勝利しようとする
  • ユーザーとしての疑似体験を却下
  • 問題の切り分けをしない
  • 先人が利用してきたツールや手法を否定する
  • 一度選定したテーマを途中で覆す
  • 高すぎる目標を設定する
  • 高すぎる目標に対して全部企画に盛り込もうとする
  • 「小さくリリースする」の発想を理解しない
  • 一ヶ月以内に市場調査、およびユーザーの調査をしない
  • 一ヶ月経過してもサービスの制作に入る見込みが立たない
  • 一ヶ月が経過してもチームは「素人」のまま
  • 素人の作るサービスは成功の確率が低いことを理解しない